• 綿製の横断幕・垂れ幕

    応援幕(横断幕)や垂れ幕は、メッセージを最も手軽に伝える手段として広く普及しています。一般的には単品で製作(1枚だけ)が多く、様々なスポーツ会場やイベント会場や店鋪で使われています。 生地は大別して、綿かビニールになります。 サイズはスペースに合わせてご自由に設定出来ます。 屋内イベント、大型店舗内展示では、防炎加工が施してあることが求められます。

     

     綿の場合は「刷毛染め」の場合が多く 長所は「軽い」事と「金額が安い」事でしょう
     また「軽い」事にも通じますが、持ち運びが容易で(小さく折りたたみやすい)例えば10m クラスの横断幕でも、片腕で簡単に持ち運べます。
    制作行程上の特性から、あまり複雑な内容には向きませんが、一般的なメッセージと色数(1~ 4色程度=ほとんどが、この範囲内です)であれば、問題ないと思います。
     ただし、店鋪やビルなどに常時掲出(付けっぱなし)で1年以上・・という場合はビニール素材の方をお奨めします。

    スポット的な使い方(3~6ヶ月付けっぱなし程度)なら、予算も押さえられる綿生地で良いと思います。
    また、スポーツ応援(試合当日のみ掲出)や、イベント時のみ掲出等、スポット的なご使用状況であれば、綿生地で充分です。
    年に2~30回掲出でも5~10年は問題なく使えるはずです。

    ●横断幕の仕様(縫製など)は、屋外掲出に耐えられる補強をした上での完成品でお届けします。
    ●サイズはスペースに合わせてご自由に設定出来ますが、屋外のスタジアムや建物で使うのか? あるいは室内(体育館や店鋪内)で使うのか?によっても変わってきます。
    ●メッセージの内容(文字数や配置)によって費用が変わって来る部分もあります。
    綿の幕は移動が簡単 5mの横断幕を畳んでいくと、小さめの紙袋に簡単に入る大きさになります。

  • ターポリン(ビニール)の横断幕・垂れ幕

     

    ビニール素材(通称=タ-ポリン)の場合は、最近のインクジェットプリンターの普及により、 急激に一般化しました。
    最大の特性は、データからダイレクトに出力しますので、写真であれ、グラフィックな内容であれ、色数や文字数にかかわらず一定料金で、何でもプリントが可能です。
    ここ数年、町で写真入りの垂れ幕や横断幕を多く見かける様になったのは、このインクジェットプリンタの普及に他なりません。

    当初はインクの耐久性や発色に色々と問題のあった分野ですが、様々な改良を重ね、もう問題なくお薦め出来るお値段とプリント内容になりました。
    綿と比べた場合、長所としては前述の通り「色数や内容の制限がない事」と「生地が強いので耐久性が高い」事が挙げられます。
    また雨水や埃などで汚れても、拭けば当初の美しさに戻る事も大きなポイントです。
    短所を挙げれば、やはり丈夫な分、「綿より堅くてゴワつく」ので、移動がやや難儀な事です。
    重いと言っても、大した重量では無いのですが、綿の2~3倍位はあります。
    また、折り畳み移動がしにくいため、ロール状(芯棒等に巻き付ける)にして持ち運びするケースが多い様です。

    一般的には、店鋪や百貨店など、常時掲出する営業用幕としての需要が多いように思います。
    また小規模店鋪の入り口付近に「日除けのれん」的な用途で、看板変わりに目立つデザインで作るケースも増えてきました。

  • 横断幕・垂れ幕の価格について

    綿生地の場合は通常、白い「かつらぎ」(しっかりした生地で、大手百貨店の大きな垂れ幕にも使われているもの)で作ります。反物の幅は90cmと110cmの2種類が基本なのでそのまま縦幅にすれば最も経済的です。もちろん、それ以外のサイズ(例えば縦60cmでも150cmでも)製作は問題ありません 。
    価格について
    「綿生地に刷毛染め」の場合は、色数や文字数等の関係により手間や製作時間が変わってきますので、金額も流動的になります。シンプルに作れば、かなりリーズナブル。持ち運びには最も便利な生地なので、スポーツ応援用としては一番人気です。シンプルに作ると驚異的に安いので、単発のイベント幕としても経済的です。

    製作難易度★
    白ベースで2~3色なら本当にリーズナブルです

    製作難易度★
    ベースに色が入って、染色面積が増えましたが、内容はシンプルなので

    製作難易度★★
    色と色がぶつかる箇所が増えると乾燥してから次の色を染めるので製作時間が倍位かかります


    製作難易度★★★
    影やフチ付きの文字はカッコ良いのですが、やはり手間がかかります

    製作難易度★★★★
    複雑なマークやイラスト等が入った場合の例です

    製作難易度★★★★★
    このレベルになるとデジタルプリントをお薦めしますが、どうしても綿生地で・・という場合は、フルカラーのイラストのみ出力して綿の幕に縫製しても作れます

     

    難易度が高くなるにつれて価格も高くなってきます。

    ターポリンの価格について

    タ-ポリン(インクジェット出力)で横断幕を作る場合は、色数や内容の制限は、基本的にはありません(金・銀・蛍光色は不可) シンプルでも複雑でも金額は変わりません。
    最大の利点は生地が丈夫な事とデータがそのままプリント出来る事です。
    スポーツ応援の移動用としては、ややハードな感じですが、パチンコ屋さんや飲食店のバナ-や横断幕としては、もはや定番となっています。

    デジタル出力の場合は、データを作らないと、どうしても製作出来ませんので、ご自身で作れる方はイラストレーターのアウトライン化データを入稿下さい

    データが作れない方には、弊社スタッフがご希望内容をお聞きした上で製作いたしますが、データ作成に時間を要する場合(ロゴのトレースやイラスト作成等の場合)は必要に応じてデータ作成料金が発生する場合があります。
    一般的なフォントで構成できる内容であれば、無料です。

    難易度のめやす
    ■難易度の説明
     
    白ベースに一般的な文字の内容で2~3色
    ★★
    色ベースに一般的な文字の内容で2~3色
    ★★★
    文字にフチや影が付く等、デザイン的要素が加わった場合(簡単なロゴやイラスト入りも含む)
    または、色数や文字数が★★よりもかなり多くなった場合
    ★★★★
    ★★★の要素が複合的になったり複雑になった場合。
    金・銀・蛍光色など特殊色を使用する場合。

     

     

 

価格表

●のぼり

枚数

1枚単価

1枚

¥7,000~

2枚

¥6,000~

3枚

¥5,000~

5枚

¥3,500~

(税・送料別)

※すべて同じデザインで作成した場合の価格目安です。デザインにより価格が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

 

●フラッグ

サイズ

価格

0.7×1.0m

¥12,000~

1.0×1.5m

¥18,000~

1.4×2.1m

¥22,000~

2.0×3.0m

¥38,000~

3.0×4.5m

¥75,000~

(税・送料別)

※ご希望のサイズで制作できます。デザインにより価格が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

 

●横断幕

サイズ

価格

1.0×2.0m

¥14,000~

1.0×3.0m

¥18,000~

1.0×4.0m

¥22,000~

1.0×5.0m

¥26,000~

1.3×7.0m

¥45,000~

(税・送料別)

※ご希望のサイズで制作できます。デザインにより価格が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。