レコード2 高ヒット

昭和物の中でも最もコレクションの多い「レコード」のジャケットを使って
ビジュアル感たっぷりにお届けしたいと考えております。
同世代の方には懐かしく当時を思い出していただけたら本望でございます。

まず、初めてお小遣いをためて買ったレコードは「今夜は踊ろう」(荒木一郎)という
シングル盤で、ビクターレコードの¥330盤でありました。
小学校4?5年生くらいだったと思いますが、結局、大人になっても趣味趣向って全然
変わってないのに、たった今、気が付きました。
この歌、今でも大好きだし、洋楽風歌謡曲って、今まさに取り組んでいるテーマじゃない
か・・・って(全く、進歩していない・・・というのが正確な表現かも知れません)
この曲のサビの部分が英語なんですが、幼な心にも「カッコ良い」と感じたものでした。
・・・そのまま一気にブリティシュ・インベンションへ突入・・・すれば良かったんで
すが、ここで、あの「小川知子」に出会ってしまったのです。
笑うな! 当時の知子ちゃんは、マジ可愛いかったで?。(宗教のしゅの字もなかった)
「ゆうべの秘密」「初恋の人」「銀色の雨」など、シングル盤をたて続けに買って、ジャ
ケットは机の前に貼って、毎日、レコードを聞き、夜は「今週のヒット速報」や「夜のヒ
スタジオ」への出演を心待ちにしておりました。

そんなこんなで「知子ちゃん時代」が1年ほど続いたと思いますが、平行して、世はまさに
「グループサウンズ」時代に突入していたのでありました。
ベストテン番組の大半がGS系の曲になり、それらに混じって、黛ジュンやいしだあゆみや
奥村チヨなどが、ヒット曲を連発していました。
特に、いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」は(今でも、私的には)昭和歌謡曲ナンバ
ーワンソングで(あ?、橋本淳&筒美京平)今後も、この曲を上回る「胸キュン」ソングに
は出会わないだろう・・と思っている次第です。

中学生になると、突然の「深夜放送」ブーム。
「セイ!ヤング」と「オールナイトニッポン」のハシゴを毎晩していた私は、「カメ&アン
コー」(実際には別々の曜日)「土居まさる」「落合恵子」「糸井吾郎」「みのもんた」
あたりを中心に聞いていた記憶があります。
(パック・イン・・・は話が長いので、ほとんど聞いてなかった。八木誠だけ)
このあたりの深夜放送を通して、レッド・ツェッぺリンやクリーム、ジミヘンなどとの衝撃
的な出会いをしていく事になる訳です。

実はここまで、ビートルズが出て来ていませんが、もちろん、深夜放送以前に出会っていま
す。当然、ガツーン!と来た訳ですが、何故か初めて買ったビートルズのシングル盤が、当
時の最新曲だった「ジョンとヨ?コのバラード」でした。
わかる人にはわかる話ですが、不幸にも入口がこの曲だったのです(笑)
来日当時は、あまりにも子供だったため、日本公演のTV中継もぼんやり憶えている程度で
あまり関心はなかったです。

〈影山記〉

カテゴリ内ページ移動 ( 24  件):     1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 24