【双子織アート】3  高ヒット

お店の顔であるのれんが一番流れる時代を見てきたのかもしれません。
古くから続く中山道、古人が都へと、都からと行き過ぎる。。
そんな光景が目に浮かぶようです。


年を経て赴きが出るもの、時の皺を刻んで美しいもの
古くて新しいもの。。ずっと残っていってほしいですね。
私たち染太郎も、そんなまちづくりの応援をしていきたいと思っています!

カテゴリ内ページ移動 ( 3  件):   前  1  2  3