ハンドボール男子日本代表を応援しよう 高ヒット

2008年5月17日ー晴れ渡る青空ー

     
     
     20 門山哲也選手と
ここ最近で、スター選手の出現(宮崎大輔選手)や「中東の笛」などで大変注目されているスポーツの一つ、全日本男子ハンドボール。その≪北京オリンピックIHF世界最終予選男子日本代表壮行会 ≫へ向かった。
ここでは、北京五輪男子世界最終予選(5月30日-6月1日)に臨む日本代表17人を発表する。

場所は青空にそびえ立つ、東京タワー。この日本の電波棟【東京タワー】に10×12mのビッグフラッグを掲げ選抜された選手達に、北京オリンピックに向けてのエールを発信する。

最終予選では、アテネ五輪金メダルのクロアチア・銅メダルのロシアアルジェリアと日本は、同組となる。
この上位2チームが北京五輪への出場権を獲得できる。

* * *

実は弊社では約7年程前からハンドボールの色々な大会のバナーやフラッグ等の制作やファンの方からのご依頼で横断幕なども制作してきた。
約7年前といえば、弊社もサッカーの横断幕や学校の応援幕などを始めるようになった頃。
今では「スポーツ応援の染太郎」と自画自賛できるが、その頃はまだまだ・・・・ 自画も自賛もみじんもなかったと思う。 こうして、少しでも携わったスポーツが成長していってくれる事は、大変嬉しい。
大袈裟だけども、こういった事で弊社も成長を共にさせて頂いているような気がしてならない。

* * *

普通に考えれば最終予選の組み合わせを見ると「・・・」となるところだが、この北京五輪は違う。 こんなに話題になり、注目を浴び、何度もチャンスをもらったのだ! 3回目のチャンスはややこしい事など吹っ飛ばして、是非とも掴み取って欲しい。

Fly high!
And get victory!

カテゴリ内ページ移動 ( 3  件):     1  2  3  次